05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-10-15 (Sat)
今日、喫茶店に行ったとき。
懐かしい曲がBGMで流れていました。

それはミスチルの「 名もなき詩 」。
あたしが中学2年生の時だったかな?
何かのドラマの主題歌で、聴いた瞬間に好きになった曲でした。

あたしはその頃、1つ上の先輩から、
1通の手紙を受け取っていました。

その手紙には、その先輩の想いが書かれていて、
気にもしていなかった人でしたが、それ以来あたしは
自然とその先輩を目で追うようになっていました。

常に好きな人はいましたが、当時は好きな相手を目で追ったり
目が合うだけでドキドキしたり。
「 おはよう 」って挨拶するだけで、幸せで。
恋に恋する感じだったのかな。
ただただ、それだけで満足だったのです。

だから、その先輩を意識するようになってからも
特に何をするわけでもなく、見てるだけでした。

いつだったかな?
確か秋も深まって、冬になりかけた頃。
たまたま、その先輩と一緒に下校することになって。
一緒の塾へ行ってたから、勉強の話が主だったけど。
でもそれだけでも楽しかったなぁ・・・。

そこで、
「 あぁ、あたしはやっぱりこの先輩が好き 」
って自覚したんです。

それから数ヶ月して、2月の始め。

あたしは友達に背中を押してもらって、その先輩に告白。
晴れて付き合うことになったのです。

前置きが長かったですがw

先輩と付き合ってる時に「 名もなき詩 」が発売されて
あたしはこの歌の歌詞がすごく好きで。
先輩にも聴いてもらいたくて、CDを買って
カセットに録音して渡そうとしたんですよね。

でも、結局、先輩は高校へ進学してしまって
自然消滅してしまったのです。

なので、カセットは渡せずじまいでした。
未だにあたしの部屋に眠っています。

BGMを聴いて、こんなことを思い出したのでした。

終わり
スポンサーサイト
| 日々徒然 | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。